Loading
学生支援

学生支援

Financial Support

本プログラムによる経済的支援

教育研究支援経費の概要

授業料及び入学金

教育研究支援経費には授業料及び入学金が含まれません。授業料及び入学金は受給者各自の負担となりますので、ご留意ください。

支給金額

卓越大学院学生:月額200,000円
卓越大学院候補生:月額100,000円
教育研究支援経費の支給額は、社会経済の状況その他事情により変動することがあります。また、教育研究支援経費受給者のうち日本居住者は、文部科学省からの通知により、原則として所得税(雑所得)の確定申告が必要となります。

支給期間

原則として、所属研究科における年度を単位とします。教育研究支援経費の給付が認められた場合、最長で1年間支給を受けることが可能です。ただし、給付継続審査により教育研究支援経費を給付することが認められた者に対しては、最長3年間に限り、継続して支給を受けることが可能です。

結果公表

教育研究支援経費の受給者の氏名・学年・所属研究科は、卓越大学院プログラムHP上で公表されます。

受給者の責務

受給者は、教育研究支援経費受給の確認後、毎月指定の期限日までに受給報告書の提出が必要です。また、教育研究支援経費の受給者は、本プログラムに関する教育研究活動などへ参加及び終了後の追跡調査へ協力することが求められます。
その他、受給資格、注意事項等については、以下にある「教育研究支援経費学生用ハンドブック」で確認してください。

卓越大学院プログラム学生へのサポートについて

このハンドブックは、卓越大学院学生、卓越大学院候補学生、指導教員及び関係者向けで、内容については、長崎大学の関係各委員会にて承認を得た規程・規則等に基づいています。
従って、英文概要版は日本語の未習得者が本プログラムへの理解を深めるために作成していますが、原本での使用言語は日本語であり、本プログラムに関しては日本語での解釈を基本として共通理解を深めることとします。
このハンドブックは2019-2020年度の学生向けです。記載内容の確認は十分に行っていますが、想定外の事由等により変更が生じる場合は、その旨追加通知等を行います。
情報更新が間に合わない場合は、卓越大学院プログラム支援室の情報が最新のものとして取り扱います。

このガイドラインは、学生、指導教員、研究チーム及びスタッフ向けに研究指導経費の使用に関する手順を示すもので、各手続きの内容は文部科学省の規則及び長崎大学の会計規則等に即しています。
よって、英文のガイドラインは本プログラムへの理解を深めるため、日本語の未習者向けに作成しておりますので、内容に係る確認については日本語を解釈言語とします。”
本プログラムは、日本の文部科学省が実施するWISEプログラムの一環として、長崎大学が文部科学省から補助金を受けて実施しているため、文部科学省の規則、方針及び手続きに沿って運営しており、年度末に会計報告を行う必要があります。

PAGE TOP