Loading

オンラインで結ぶ日英公開シンポジウム

新型コロナとグローバルヘルス

新興感染症のパンデミックにどう立ち向かったか。課題と教訓

レポート記事配信のお知らせ

長崎大学は3月7日、福岡市のアクロス福岡を主会場にロンドン、東京などと結び「新型コロナとグローバルヘルス〜新興感染症のパンデミックにどう立ち向かったか。課題と教訓〜」をテーマに公開シンポジウムを開催しました。新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)と闘う日本と英国の研究者らが公衆衛生の役割を考えようと、日本医学ジャーナリスト協会西日本支部が共催し、会場・オンラインで1,100人以上が参加しました。

新型コロナ流行が勃発して以来、世界で1億2000万人が感染し、250万人以上が亡くなりました。公衆衛生が成熟した英国の新型コロナ関連死亡者数も12万人を超え、日本をはるかに超える打撃を受けました。一方、病院での高度先進医療を誇る日本は感染者数・死者数は少なかったものの、病床数は逼ひっ迫ぱくしワクチン対応は後れをとっています。異なる医療文化をもつ日本と英国がどのように新型コロナのパンデミック(世界的な大流行)に立ち向かってきたのか、両国政府の新型コロナ対策に深くかかわってきた専門家たちの生の声を聴きながら、両国の課題と教訓を議論しました。

長崎大学によるレポートで、シンポジウムを詳報します。

オンデマンド配信※同時通訳なし

オンデマンド配信の視聴にはお申し込みが必要です。
下記必要事項にご入力の上、視聴用パスワードを取得してください。

※ご入力いただきましたメールアドレス宛に視聴用パスワードが記載されたメールを配信いたします。
メールアドレス【必須】
職名【必須】
確認ページはございません。個人情報保護方針をご確認の上「同意する」にチェックを入れ、送信ボタンを押してください。
※今後イベント開催時は、ご入力頂いたメールアドレスに通知させていただきます。

日英公開シンポジウム
Live/Online Symposium between Japan and The UK

3月7日(日)前半 3.7 Sun First Half

3月7日(日)後半 3.7 Sun Latter Half

分科会Breakout Session

コロナ禍の臨床現場と臨床研究[3月8日(月)] "COVID-19 and Clinical research"[3.8.Mon]

コロナ禍のラボサイエンス[3月9日(火)] "COVID-19 and Laboratory research"[3.9 Tue]

サテライトイベントSatellite event

海外フィールド研究 Ⅰ[3月8日(月)] "Oversea Field Research Ⅰ"[3.8.Mon]

海外フィールド研究 Ⅱ[3月9日(火)] "Overseas field research Ⅱ"[3.9 Tue]

ラボサイエンス[3月8日(月)] "Laboratory Science"[3.8.Mon]

プラネタリーヘルス研究[3月9日(火)] "Planetary Health Research"[3.9 Tue]

長崎大学グローバルヘルス基金のご案内

長崎大学の推進するグローバルヘルスを応援してくださるスポンサーを求めています。

長崎大学では、グローバルヘルス人材の育成を目指し、外国人留学生の就学支援等を主目的として「長崎大学グローバルヘルス基金」を設置しています。皆様のご協力をお願い致します。

※事務手続きの都合上1000円以上でお願いいたします。
 趣旨にご賛同いただける皆様の継続的なご支援をお願いいたします。
PAGE TOP